チューブライト(ロープライト)取付方、飾り方 イルミネーション販売 日研通商く
  • カートをみる
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お問い合せ
  • お客様の声
  • サイトマップ
  • RSS

    チューブライト(ロープライト)取付方、飾り方

    LEDチューブライト(ロープライト)取り付け方・飾り方

    ↓まず、こちらをご確認ください。
    ※イルミネーション 飾り方(屋外 設置時 防水対策)

    ※作業中は、通電しない状態で行ってください。

    LEDチューブライト(ロープライト)の取り付け方、飾り方をご説明致します。

    1 必要部材
      チューブライト、パワーコード、自己融着テープ、ロックタイ、防雨ボックス、
      固定レール、マウントクリップ、延長(分岐)コード、ニッパー・はさみ、千枚通し、
      ホットガン(ドライヤー)
      ※高所の場合、高所作業車・脚立はしご

    2 電源取り付け方
      ① 2芯モデル(太さ10mm、13mm) 
        専用パワーコードは、A固定タイプ、B脱着タイプがあります。
        固定タイプは、付属の熱収縮にてチューブライトとパワーコードを固定します。

        脱着タイプは、ネジ式でチューブライトとパワーコードを固定します。
        接続部分を熱収縮チューブ、自己融着テープで固定することで、屋外用
        としてご使用いただけます。
       
        A 固定タイプ
          チューブライトにスプライスコネクタを差し込みます。
          電線のはみ出しや斜めになっていないか注意が必要です。
          注)電極の異なる電線が接触すると、ショートし大変危険です。

          

          電極は、チューブライト本体への+(プラスマーク)プリントで
          確認ができます。
          パワーコード側の黒コードがプラス極になります。
          

          ↑チューブライト「プラス」マーク

          

          ↑パワーコード側電極説明図

          

          ↑パワーコード(黒コードがプラス極)

            
         
          ↑熱収縮チューブを予め通し、チューブライトとパワーコードを接続

          

           ↑熱収縮チューブを固定する前に、点灯を確認してください

          

          問題がなければ、ホットガン(高出力ドライヤー)で固定します


        B 脱着タイプ(熱収縮チューブ使用例)
          チューブライトにスプライスコネクタを差し込みます。
          電線のはみ出しや斜めになっていないか注意が必要です。
          注)電極の異なる電線が接触すると、ショートし大変危険です。

         電極は、チューブライト本体への+(プラスマーク)プリントで
         確認ができます。
         

         パワーコード側にも+マーク、-マークがあります。
          
           
        
           ↑チューブライト「プラス」マーク


           

           ↑パワーコード側電極説明図

           
           
           ↑パワーコード プラスマーク

           
         
           ↑パワーコード 先端部ネジを外す

           

           ↑チューブライト側に先端部ネジキャップ、熱収縮チューブを通す

           
           
           ↑電極をあわせ、チューブ内電線にまっすぐに差し込み接続

           

           ↑一度点灯確認

           

           ↑ネジキャップを締め固定

           

           ↑熱収縮チューブをコネクタ部に被せ、ホットガンで固定
           
           
           
           ↑熱収縮チューブにて防水強化固定


      ② 3芯モデル(太さ13mm) 
        専用パワーコードは、接続部分を熱収縮チューブ、自己融着テープで
        固定することで、屋外用としてご使用いただけます。

        ※30m巻きセット品には自己融着テープが付属しています。

           
        
           ↑チューブ内の3芯(電線)
             偏っているため接続しやすい構造

           

           ↑スプライスコネクタ(針)をまっすぐ差し込む

                  

           ↑パワーコード(又は点滅コントローラー)接続部

           

           ↑チューブライトとパワーコードを接続

           

           ↑一度点灯確認を行う

           


           
           ↑自己融着テープですき間なく固定(熱収縮チューブも可)

           
          
           ↑最終点灯確認

    3 エンドキャップ
      いずれのモデルも、終端部にはエンドキャップを取り付け、接着剤、
      自己融着テープで確実に固定してください。
      
      


    4 飾り方・取り付け方
      ①固定用レール使用
       10mm、13mm用の長さ1m PVC製固定用レールを使用しますと、
       直線的にラインを光らせる際に綺麗に施工できます。
       取付面の素材、環境によって、適合する両面テープを使用したり、
       ビス穴をあけてビスで固定することもできます。
       
       
       
       

       

       10mm13mm用がそれぞれございますので、ジャストフィットします。


      ②マウントクリップ使用
       10mm、13mm用 ビス付き50個セット品をご使用いただくと、
       直線、曲線ともに固定が可能です。
       ビスが計100本付属していますので、穴あけ固定可能な場所に
       お得、効率よく取付が可能です。

       

          
       
       ↑お得なビス100本入り

       

       

     
       10mm13mm用がそれぞれございますので、ジャストフィットします。


        ※10mmモデルは、文字、造形物製作に適したモデルです。
         鋭角に曲げても断線、球切れしない強靭モデルです。
         ロックタイなどで、フレームに固定して様々な形状を創作できます。

    チューブライト(ロープライト)も多彩な種類を扱っております。
    ホームページ未掲載品も多数ございます。

    お気軽にお問い合わせくださいませ。








      


    ページトップへ