ストリングライト(ストレート)樹木への飾り方 イルミネーション販売 日研通商く
  • カートをみる
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お問い合せ
  • お客様の声
  • サイトマップ
  • RSS

    ストリングライト(ストレート)樹木への飾り方

    ストリングライト(ストレートライト) 樹木への飾り方

    ↓事前にこちらをご確認ください。
    ※イルミネーション 飾り方(屋外 設置時 防水対策)


    ストリングライトを樹木への飾り方をご説明致します。
    ※落葉樹の枝に取り付ける例をご紹介致します。


    1 必要部材
      ストリングライト、パワーコード、自己融着テープ、ロックタイ、防雨ボックス、
      延長(分岐)コード、ニッパー・はさみ
      ※高所の場合、高所作業車・脚立はしご

    2 飾り方
      大きくわけて下記2通りございます。
      電球の密度、長さ、枝ぶりなど諸条件によって、場合によっては混在して
      取り付けます。

      A 枝に沿って直線的に設置

       

       元電源(樹木下部)より、上部までライトを直線的に幹、枝に沿って
       設置し、耐候性ロックタイなどで固定します。


      B らせん状に巻いて設置

       
     
      元電源(樹木下部)より、上部までライトを直線的に幹、枝に沿って
       らせん状に設置し、耐候性ロックタイなどで固定します。

      ↓耐候性ロックタイ(結束バンド)例

         

      ※樹木や電線を傷めないよう、強く締め付けすぎないよう注意してください。


      電球を延長連結する際には、連結コネクタ部を自己融着テープにて
      防水強化保護を施してください。

      

      ※樹木中央にポールを建て、円錐状などで樹木周りを飾る方法もございます。

       

       ポールの頭からワイヤーを張り、ワイヤーに電球を取り付けます。
       
       


    3 片付け方(取り外し方)
      ロックタイを切断し、コード、樹木を傷めないよう慎重に行ってください。
      ※取り外しの際、無理にコードを引っ張ったり、下に落とすことが、
       破損原因となるケースが多くございます。
       面倒に感じる作業になりますが、丁寧に行うことが大事です。

      取り外した電球は、汚れ、水分を拭き取り、乾燥させた後、湿気の少ない
      室内に保管してください。







     

    ページトップへ