• カートをみる
  • マイページへログイン
  • ご利用案内
  • お問い合せ
  • お客様の声
  • サイトマップ
  • RSS

    ナイアガラライト・カーテンライト 壁面など高所から吊るして設置時の注意点

    ナイアガラライト・カーテンライト 吊るして設置時の注意点

    ↓事前にこちらをご確認ください。
    ※イルミネーション 飾り方(屋外 設置時 防水対策)

    建物壁面など高所から吊るして設置時の注意点
    (※ライトの付いている垂れ線部分は、ワイヤーを張りワイヤーに添えて取付設置が必要です)


    ビル外壁、樹木など高所からナイアガラライト・カーテンライトを設置されるケースも多いと思います。
    特に屋外での設置の場合、各コード類が風や雨、雪によってグラグラと揺れが発生致します。
    電球のついた垂れ線部分だけで、上部から垂らせて設置致しますと、上記原因により早期に断線不点灯発生致します。

    ナイアガラライト・カーテンライトのみならず、ストリングライト、スノーフォールライトなども同様です。

    コードの揺れを防ぎ、重さを受け止めるため、しっかりとワイヤーを張り、それに各コードを添えて途中数か所をインシュロック(ロックタイ・結束バンド)で固定いただくことが必要です。
    ↓耐候性ロックタイ(結束バンド)例

         

    ※樹木や電線を傷めないよう、強く締め付けすぎないよう注意してください。


      電球を延長連結する際には、連結コネクタ部を自己融着テープにて
      防水強化保護を施してください。

      
       
       


    ※片付け方(取り外し方)
    ロックタイを切断し、コードなどを傷めないよう慎重に行ってください。
     ※取り外しの際、無理にコードを引っ張ったり、下に落とすことが、
      破損原因となるケースが多くございます。
      取り外した電球は、汚れ、水分を拭き取り、乾燥させた後、湿気の少ない室内に保管してください。

    ページトップへ